甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

ちょっと気をつけて、、、

未設定

未設定

 

いきなり画像から 笑

こちらも暮れを迎える時期に花屋を彩ってくれるお花、シクラメン。

年配の皆さまにはシクラメンのかほりという歌でもおなじみですね。

 

実際シクラメンに香りがあるかというと、、

花を近づけてほんのり香るかな。。

ということがほとんどですが、最近は芳香性のつよい品種も開発されています^^

 

シクラメンの多くは下向きで花が咲くので、

花言葉もそういった姿から連想されるものが多く、

全般では「遠慮がちな期待」「内気」「はにかみ」

などがあり、白には「清純」、

赤には花が炎を思わせることから、燃やすものといえば、、

「嫉妬」心だそうで、ほかにも情熱なんかもありそうなものですが、、、

お花の咲く向きがそうさせてしまうのかもしれません。。

 

また、シクラメンという音に、「シ」と「ク」が含まれることから、

お見舞いなどには向かないとされています。

さまざまな色や姿があり、冬の時期に目を楽しませてくれるシクラメンですが、

贈り物として選ぶ際には、ちょっと注意が必要かもしれません。。。

 

シクラメンは暑さが苦手なので、凍らない程度の涼しいところで管理すると、

より長く楽しむことができます^^

 

 

お供えのアレンジメントです

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

 

アーカイブ