甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

昨日の内容を受けて、、

未設定

未設定

次男のお友達から言われた「芍薬」。

あらためてシャクヤクのはなしを。。

 

ここ数年、母の日の贈り物として定着してきたシャクヤクですが、

今ごろが出荷のピークです。

 

初夏にふさわしい勢いと

みずみずしさ

花の大きさのインパクトも含めて

年々品種改良された新種も登場し

新しい発見をくれるお花のひとつです。

 

芍薬の「芍」という字には、抜きんでて美しい。という意味があります。

芍薬の根は鎮痛薬として古くから利用されてきたため、

人目を集めるほど麗しく美しく咲く薬ということから、

芍薬という字があてられたと言われています。

 

シャクヤクの花言葉は、

その華やかな様子からは想像がつきにくいかもしれませんが、

「はじらい」「はにかみ」「おもいやり」です。

イギリスの古い民話に由来するという説もあるようです。

 

最近では、染められた芍薬も出回るようになりました。

hanakuniでも、ライトブルーとコバルトブルーに染めてみました♪

 

去年出会ったなにより感動したのは、

「エッチドサーモン」という品種です。

作り手が多くないため、流通量があまりないため、

まさしく高嶺の花のひとつです。

名前の通りつぼみから咲きはじめはサーモンピンクなのですが、

満開となり散るころには、薄い桜色に変化していき、

まさに桜が散るように散っていきます。

花びらの大きさといい圧倒的な量といい

散る姿まで美しい品種です。

今年も一度は手に入れたいと思っています。

 

季節の旬のお花は、秘めているエネルギーの量が違います!

力強い季節のお花をぜひ楽しんでいただきたいです^^

 

ライトブルーとコバルトブルーのシャクヤクたちです

御供のアレンジメントです

 

これから旬のデルフィニウムが映えるアレンジにしました。

 

 

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

 

アーカイブ