甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

季節を知らせる。。

ここ数年、気候変動なのか、温熱化ガスの影響なのか、

気象の変化が大きく、激しくなっているように感じますが、

それでも、不思議なことに植物たちは、

毎年同じころに芽吹き、育ち、花を咲かせます。

渡り鳥も同じくやってきます。

 

店先に毎年1輪だけ咲く睡蓮があり、

今年もまた咲きました♪

IMGP6257_copy_2188x1459

それがこちら。

毎年かたくなに1輪しか咲きませんw

 

冬も外に出しっぱなしなので、温帯睡蓮の仲間です。

季節もそうですが、朝になると開き、夕方になると、閉じます。

朝、開いているのを見つけたお子さんが、夕方になりその姿を不思議そうに探していました^^

 

そんな様子から、古代エジプトでは、睡蓮を太陽になぞらえたことから、

「信仰」という花言葉が生まれたそうです。

ただ、古代エジプトは滅んでしまったことから、「滅亡」という花言葉もあるそうです。

 

睡蓮というのは、

世界各国で睡蓮にまつわる話は多々あるようですし、

モネも描いていますし、

文化を問わず、人種も問わず、時代を問わず、

多くの人々を魅了し、関心を持たれてきたお花のひとつと言えるでしょう!

 

 

こちらは女性のお誕生日に贈るアレンジメントです。

IMGP6223-01_copy_2736x1824

 

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

アーカイブ