甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

問題をみつける。

感染者が出ていないことを記事にして間もなく、

初の感染者の発表があるという、、

タイミングがいいのかわるいのか、、

と思わされた昨晩でした。。

 

紙類の供給は追いつきつつあるようですが、

依然としてマスクが日本中で不足していますね。。

 

そんな中目にした記事で、

あるアパレルショップの繰り返し使えるマスクが紹介されていました。

もちろん現在では生産が追いつかない状況になっているのですが、

そもそもマスク不足をうけ、スタッフ用として用意したものが、

反響を呼んだとのことでした。

普段は衣類に使用している素材を転用したものだそうです。

現在では、型紙や展開図などを無料で公開し、作って販売することも、

一報を入れれば、可能だそうです。

 

ヒットしたものを独占するのではなく、シェアしてもらう。

緊急性の高いものだからこそ、多くの人に協力してもらい、生産量を増やす。

webベージを見ましたが、平時からそのような意識でいるからこそ、

こういったときにもそのような対応ができるんのだなぁ。

ということを感じることのできるサイトでした。

 

読みかけですがw最近読んだ本の中で、

かつては世の中は問題がめじろ押しだったと、

そのような社会では、問題を「解決」することが求められていた。

現在ではモノが行き渡り、生活も便利になり、

そのような社会においては問題を「発見」する能力が重宝される。

発見すれば、解決するものは社会の中にほぼ存在している。と。

 

こちらのアパマンショップのことは、まさにこれだ!と思いました。

今、社会的に問題になっていることに対して、

自分のできるアプローチをしたことで、大きな反響が生まれたのですね。

しかもかなりのスピードで対応されている身軽さがミソなんだと思います。

 

ただ、

現在、自作しようにも、生地や耳掛け用のゴム製品が店頭から姿を消してしまっているという。。^^;

次はどんなアイディアが生まれるのでしょう!

 

 

こちらは女性のはなむけに贈るブーケです。

IMGP5158-01_copy_4104x2736

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

 

アーカイブ