甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

オリーブだけどオリーブじゃない。。

未設定

未設定

なんだかややこしいですね。

ここ数年、ロシアンオリーブという枝ものが、

流通するようになり人気が出てきています。

画像で見ると、オリーブにしか見えませんw

このシルバーがかった色合いが人気の理由のひとつです。

こちらは名前はオリーブですが、赤い実のなるグミの仲間です。

 

植物自体も耐暑性、耐寒性どちらもあり、屋外でも育てやすいことから、

シンボルツリーとしても需要が高まってきているそうです。

挿し木でもつくくらいなので(実験済w)かなり堅強かと思います^^

ロシアンというのは、このシルバーな色が、ロシアを連想させるからなのかもしれませんね。。

気候的にロシアではオリーブは育たたないかな。。

南部の方なら育つかも。。

山梨のー10℃でもなんとか越冬できるので。。。

 

ちなみに、、

ロシアンオリーブには花言葉はなく、

グミの花言葉は「野生美」です。

悪い言葉じゃないけれど、、

この意味を込めて贈られても、あまりうれしくないかも 笑

 

結婚記念日にご主人から奥様へおくる花束です

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、、

画像の中央あたりで飛び出しているのがロシアンオリーブです。

ちなみに、

花言葉は込めていません 笑

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

アーカイブ