甲府で商売をはじめて60余年。ペルメ桜町|花国(Hanakuni)

-blog-

まんざらでもない?

職場の女性が退職するとのことで、

ちょっとしたプレゼントを選びに年配の男性がご来店されました。

 

根のついた植物に決められ、どの品種にするか迷われていたので、

顔見知りの方だったので、

「男性目線より、女性目線で選んだ方が喜ばれると思います」と冗談半分にアドバイスしたところ、

「おっさんには女性目線なんてないよー」とおっしゃるので、

「女性目線で選んでいたら、気づかずにいた乙女が目を覚ますかもしれませんよー 笑」と返したところ、

「そんなわけないよー」とかおっしゃりながらもなんだかうれしそうにされていました。

 

男性だって女性から生まれてくる生まれてくるわけですから、

女性に対するあこがれのようなものはあるでしょうし、

キュンとなったり、かわいいと思えることは決して不快ではないわけですから、

そういった意味では、女性的な目線というか、女性的な感覚に対するあこがれといったものは、

多くの男性に自然に備わっているのかもしれませんね^^

自分も含めw

 

こちらの男性のお誕生日に贈るアレンジメントも

ピンク×ライトブルーというご希望で、

ずいぶんかわいらしい印象となっております。

IMGP6371-01_copy_4104x2736

こちらを受け取った男性がときめくのも悪くない。かも。。。

 

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

アーカイブ