最近の投稿

あらためてですが、、

リースのはなし。

借りるやつじゃないですよw

装飾品のリースです。

 

リースといえばクリスマスリースが主流ですが、

最近ではドライフラワーの流行りもあって、1年を通して需要が高まりつつあります。

 

リースの起源は古く、古代ローマ時代にさかのぼります。

リースには「花輪・冠」という意味があり、冠と言えば月桂樹のものを思い浮かべる方もいらっしゃるはずです。

Apollo_image

 

常緑樹で作られるリースには「豊穣」や「繁栄」の意味が込められ、

冬至や新年のお祝いごとに用いられるようになりました。

日本のお正月飾りに通じるものがありますね^^

 

リースには魔よけの役割もあります。

扉に掛けるのはかわいいということより、厄を遠ざけることが本来の目的です。

リースは切れ目がないので、「永遠」も意味することから、

お祝いから葬儀までセレモニーには欠かせないものとなっています。

 

ヨーロッパでは、

家族が出掛けて事故なく帰ってくることが永遠に続くように

おまじないをかける意味で玄関にリースをかける国もあるそうです。

 

こちらはそんなリース型の、

サマーギフトに贈る涼し気な色合いのアレンジメントです。

IMGP6513-01_copy_4104x2736_1

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

しっかりしてるなぁ!

ご自宅用のお花を買いに来られたご家族。

ご両親と小学生と未就学くらいの姉妹でした。

女の子たちはお花に興味があるのか、

名前を言ったり、これは何?とかおしゃべりしながらのお花選びとなりました^^

 

選んだ中で、ハイブリッドのスターチスがわからず、これは何?と聞かれたので、

スターチスだよ。と伝えると、あぁ、学校でアレンジメント教室があったときに、

紫のやつ使ったと思いだしたようで、

別のハイブリッドスターチスを指さして、これもスターチスで、

そうそうそのあなたが使ったスターチスを生産者さんが、なんていうか、

姿を変え、、、と言っている途中で、、

「あっ!品種改良ね!!」と。

サイズ的に中学年くらいかな?

と思っていたので、突然飛び出した専門用語に、なんと利発なのだろうと

驚かされた瞬間でした!!

 

小学生の頃、、品種改良なんて言葉が大人との会話ですんなり出なかったよな。。

と自分を振り返った連休初日でありました 笑

 

 

こちらはジンギスカン店の開店のお祝いに贈るスタンド生花です。

DSCF3404-01_copy_3000x2250

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

けっこう正反対?

1bfacae64808588c81fe311d08e92d51_1451736424

 

初夏に出回る花のひとつに

「ベルガモット」があります。柑橘系の爽やかな香りが印象的なハーブです。

ベルガモットオレンジの香りを連想させることから、その名がついたそうです。

そのほかにモナルダ、和名ではタイマツソウとも呼ばれます。

 

花や葉の芳香に疲労回復やリラックス効果があることから「安らぎ」

タイマツソウとも呼ばれる真っ赤な花の姿からなのか「身を焦がす恋」

という花言葉がつけられています。

落ち着きなのか激しいのか両極端な花言葉がついていますね 笑

 

身を焦がす恋。。。

相手を想って夜も眠れないほどの恋でしょうか。。

エネルギーを使いそうな恋ですね!

若者の恋でしょうか?w

年を重ねての身を焦がす恋は疲れそうです 笑

 

そんなイメージの曲。。。

思いついたのはコチラ。。。

 

超懐メロww

 

いまどきのもっと熱い恋の歌もたくさんあるかと思いますが。。

今はコレでしたw

 

そんなベルガモットを添えたお誕生日に贈るブーケです。

IMGP6470-01_copy_4104x2736

このブーケではラベンダー色のやさしいベルガモットを使用しています^^

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

縁起もの!

「ミリオンバンブー」として流通している植物があります。

IMG_8722

鉢でも切り花でも見かけます。

その名の通り姿を見ても竹の仲間と思われがちですが、

ドラセナという観葉植物の仲間です。

竹は成長が早いことや鉢での管理が難しいこともあり、観葉植物としては適さないことから、

姿の似ているこちらが竹の代わりとして重宝されています。

日本だけではなく、台湾や中国でも神棚に飾るなどされています。

 

竹に長寿や開運というイメージがあるように、

ミリオンバンブーの花言葉も「開運」「長寿」「幸福」など縁起の良い言葉だらけwです!

画像のように切り口から根が生えて、水栽培もできることも人気の理由のひとつです。

ドラセナの仲間ですので、寒さには強くはありませんが、10℃以上になることをこころがけ、

霧吹きで葉水などをしてあげると、水栽培でも数年間楽しむことができます♪

 

こんなラッキーアイテムをお祝いのプレゼントに使わない手はありません!!

 

こちらは事務所の移転のお祝いに贈るアレンジメントです。

 

IMGP6462-01_copy_4104x2736

チラッと左上でくねっているのがそうです。

このような姿からスネークドラゴンともいわれるそうです。

ヘビにドラゴンなんだなんて、縁起がいいにも度がすぎますね。。 笑

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

 

盛り上げ上手!

以前からインスタを見てくださっていたという方が、

お祝いに贈るお花を買いに来てくださいました^^

それだけでもうれしいのですが、

作っている間、店内を見て、そこかしこで「かわいい♡」を連発してくれたり、

できあがる様子を見て、こんな短時間で仕上がっていくなんて、

「ホント神」なんていう最上の誉め言葉をもらったり、

まぁ、風貌を含めて神wというオチもありつつですが 笑

 

とにかく作っている時間ずっと褒めてくれるものですから、

こちらのテンションもどんどん上がって⇗⇗いくわけで、

かなり気分よく盛り上がって作らせてもらいました♪

調子よくなってご予算以上にお花も盛ってしまった気が。。。 笑

 

期待というのはプレッシャーにもなりますが、

相手の気分をよくする言葉をかけ続けるというのは、よい効果しか生まないので、

自分もできるだけ心がけていたいと思える時間でした^^

 

そのアレンジメントは仕上がってすぐに持って行かれたので、

残念ながら写真には残せませんでした。。

 

こちらは美容院の移転のお祝いに贈るブーケです。

IMGP6453-01_copy_3556x2371

 

ブーケのよさはたとえ花びんがなくても、何にでも活けられることだと思います!

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

まさにアート!

a1d9ae2c53bea66f8697c7ed0c5bba61

 

このインパクトあるドレスが印象的な映画、

「ミッドサマー」観に行く予定でしたが、新コロのため映画館から足が遠ざかり、

機会を逃してしまいました。

劇場ではなくても、観る機会があればぜひ観たいと思っています^^

この映画の舞台はスウェーデンの地方の夏至祭りでしたが、

ウクライナにも「ヴィノク」と呼ばれるリースがあり、

現在では結婚式にももちろん使われるのですが、

ルーツをたどると夏至祭りの際に、少女たちがヴィノクを未来を占う意味で川に流し、

男性たちは愛する女性のヴィノクを求めて、川に飛び込んだそうです。

 

ウクライナでは国内の騒乱がたびたび起こり(主にロシアからの干渉)、

団結するために自国の文化に回帰する機運が高まり、その象徴のひとつとして、

ヴィノクが注目されているそうです。

そのような中で、表現のひとつとしてアーティストが取り入れて、このような作品を作り上げました。

ウクライナとポーランドの方たちのグループ「ダガタナ」のPVでその素晴らしい作品を見ることができます!

 

 

刺繍や装飾品ともコーディネートされていて完成度が高いですね!

ミッドサマーの花のドレス、ゴージャスなヴィノク、

一度は作ってみたいものです^^

 

 

こちらは女性のお誕生日に贈るブーケです。

IMGP6409-01_copy_4104x2736

紹介したヴィノクとは正反対くらいのパステル調の色合わせですね。。。 笑

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

影響はありますが、、

新コロの流行が続く中で、

いわゆるイベントというものが、あまり開催されない状態が続いております。

結婚式やさまざまなライブ、人が集まる催しはかなり少なくなっています。

それに伴って、お花を贈る機会というのも減ってはおりますが、

そんな中でも、お誕生日や記念日など家族間での花贈りや、

このような中でも、開店されるお店もあり、なんとかお花の需要はあります!

 

そしてちょっとずつでも、ご自宅用に飾ってくださるお花好きの皆さまのおかげで、

店を開けていてよかったという日々が続いております^^

ありがとうございます♪

 

こちらはお祝のアレンジメントです。

IMGP6396-01_copy_4104x2736

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

油断していたら、、

今日はしっかり夏空が顔を出しましたが、、

今年は雨の多い梅雨らしい梅雨です。

 

hanakuniには店先とは別に、自称ドライフラワー用の部屋があります。

夏の温度は高めですが、日が射さないので、生花を干すには、まあまあの環境です。

壁面は漆喰なので、湿度のコントロールもそこそこされます。

と、

思っていました。

が、

今年のこの長雨。。。

別用でドライフラワー部屋をのぞいてみると、、、

 

 

!!!

 

 

ドライフラワーたちに異変が!!

 

まぁ、見事なほどにカビまみれになっていたのでした^^;

 

詳しい様子は割愛しますが、、

見事といえば見事ですが、見るにも片づけるにもたえない状態で、、

それでも片づけないことにはどうにもならないので、

しっかりマスクをして(ウイルスとは別の意味で危険そうだったのでw)、

作業したのでした。

 

ちょっと言うと、、

ドライフラワーにカビのツララができてる感じ?

伝わるでしょうか。。。w

 

漆喰に頼り、部屋を閉め切りにしていたのが、よろしくなかったようです。。。

 

今後ぜひとも気をつけようと強く思った梅雨の晴れ間の1日でした。。。

 

 

こちらは女性のお誕生日に贈る花束です。

IMGP6540-01_copy_3556x2371

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

いったいどうした?

今日で7月も折り返しの15日。

1年を折り返したと思ったら、もう2週間、早いものです。。

 

今日は朝からなぜだか、仏壇用のお花のご注文が重なりました!

用意して、別の作業をしていると、また頼まれ、

仕上げて作業していると、また、、

そんなことが何回か続きました。

 

月の真ん中は月初めにくらべて、仏壇用のお花を頼まれることは多くないのですが、

みなさんのお花が傷むタイミングがいっしょだったのか、

店先に「今日は仏壇花を替える日です」なんて宣伝していたわけではないのですがw

まぁ、いったいどうした?と思いつつ、

こういうことって不思議と商売あるあるなんですよね^^

 

仏壇にお供えするお花は、

ご先祖様や別れた家族への気持ちの占める部分が大きいと思いますが、

お花があることで、飾る人が安らいでいる部分もあるようです。

これも日本的「花のある暮らし」なのでしょう。

 

 

こちらは女性のはなむけに贈るブーケです。

IMGP6381-01_copy_4104x2736

 

華やかでゴージャスにというオーダーでした。

そのような雰囲気を出すために、先日紹介した「グロリオサ」は

とても相性がいいんです♪

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

その名のとおり!

個性的な花の姿が人気な「グロリオサ」。

日本名では「キツネユリ」とも言われます。

以前はユリ科として分類されていましたが、最近ではイヌサフランカ科と分類されることもあるそうです。

イヌサフラン科って。。。w

 

ラテン語で「栄光」を意味するグロリオサスが語源で、

花言葉もそのまま「栄光」ほかに「勇敢」、花の姿に由来するのか、

「燃える情熱」というかなり熱いw花言葉もあります!

 

このようなことから、男性への贈り物や、個性的な雰囲気でというオーダーに使われることの多いお花です。

 

球根の植物で、寒さには弱いため、山梨の露地で見かけることはありません。

国内の主な産地も高知と愛知で比較的温暖な地域です。

 

が、

先週行った静岡で、、

 

なんと!!

 

20200707_133455_copy_1377x2448

 

野生グロリオサを発見!!!

しかもこんなにわさわさと。。。

はっきり言ってたまげました 笑

環境が合うとこんなにも成長するものなんですね!

この地域ではグロリオサはありがたがられないこと間違いないですw

 

花屋になって初めてこのお花の名前を聞いたときに真っ先に浮かんだのが

コチラ

 

だからすぐ覚えられました 笑

 

いまだにグロリオサを見ると、たまにこの曲のメロディーが頭をよぎりますw

 

そんなグロリオサを使ったアレンジメントがこちら。

お客様の器に活けさせてもらいました。

最近ではこんなやさしい色合いのグロリオサも開発されたので、

こんな風な色合わせもできるようになりました^^

 

IMGP6386-01_copy_4104x2736

 

高知の主力品種はこんな姿と色です。

12211411401l1

 

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

« Older Entries Newer Entries »