最近の投稿

響きました!

インスタにて、フォローしている花屋さんが

カスタムナイフの紹介しながら、こんなエピソードを、、

 

床屋さんから言われた言葉だそうです。

「俺たちは20万の鋏で2000円のカットをする。

花屋さんは2000円のナイフで2万円の商品を作るだろ。

それじゃあ、いつまでたっても技術料は取れないよ。」

 

この言葉に出会った瞬間の衝撃はあまり大きく、

すぐにナイフの制作者にコンタクトしたのでした!

 

気になる柄の素材があったのですが、輸入品のため、納期は未定と言われました。

けれど、まもなく再入荷のお知らせをいただき、柄の柄(えのがら)も好みすぎたので、

即決したのでした!

 

ナイフの制作者さんが20年以上も前に、先輩のフローリストさんからこの言葉を聞き、

すぐにカスタムナイフを手にしたそうです。

使っているうちに、自分の欲しいナイフが無くなってしまい、

花屋さんの業務のかたわら、自身で制作するようになったそうです!

 

花屋さんの仕事の合間をぬって、あっという間に手元に届きました!!

 

ナイフそのものの手へのなじみもさることながら、

切れ味が良すぎて、切り口から水が滲み出るのです!

話にはきいていたのですが、こんな体験はじめてでした^^

 

カットされたお花も生き生きしている気がします。

相棒として、大切に使ってゆきたいと思います。

 

こちらは女性のはなむけに贈るブーケです。

IMGP3703-01

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^

 

IMGP3719