声を上げること。。

大阪のセブンイレブンへの本部の対応が話題になっていますね!

 

家族経営が多いコンビニ経営において、

家族の都合で24時間営業していくことが困難になった場合の対応が注目されています。

 

契約書に基づくフランチャイズの形態での営業なので、

契約の内容の履行が絶対ということは基本ではありますが、、

過労の問題も関わってくることですが、自営とはいえ、生命の危機に及ぶまで働くことは正しいとは言えないと思います。

コンビニも24時間営業することで、競争に生き残ってきたといえる側面もあるでしょう。

配送のルートの都合もあるでしょう。

ただ、実際多くの地方で、0時以降の需要というのはどれだけあるのでしょうか。。

もちろん深夜営業をしないことで、お客さまを失うリスクというのは、本部にとっては死活問題かもしれません。

 

ただ、時代が急速に変わっていることも確かですし、高齢化が進むことで、労働者の確保が難しくなっているという現実もあると思います。

 

どちらか一方の言い分を通すと、そこには無理が生じるわけで、、

大切なのは個々の事例にフレキシブルに対応する柔軟さやバランス感覚なのではないでしょうか。。

 

かたいことばかり言っていると、社会全体がどんどん硬直化してしまう気がします。

 

すぐには答えのでることではありませんが、

こうして誰かが声を上げることで、社会の抱える問題に光が当り、

そのことについて、直接は関係なくとも、ちょっと自分に置き換えてみて、

自分なりの考えてみるということが大切な気がしています^^

 

こちらは女性のお誕生日に贈るアレンジメントです。

IMGP2358-01

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^