伝わります。。

新型コロナウイルスの抑制に効果があるという論文が発表された、

イベルメクチンという抗寄生虫薬を開発したのは、

山梨出身でノーベル賞を受賞された大村智さんが、

地元新聞の取材に応じ、

実験で使用されたイベルメクチンの濃度が100倍以上薬より濃いことから、

副作用の問題があるかもしれないという見解を示されたうえで、

治療薬の候補はたくさんあり、イベルメクチンも開発のヒントのひとつとなり、

いつかかならず見つかると期待を込めたそうです。

 

一方で、拡大を抑制するために「私は大丈夫」が一番危険で、自分を守ることが全体を守ると訴えたそうです。

 

長年、研究に携わってきた方の、期待を込めた予測と、含蓄のある訴えは、

非常に重みがあると同時に、大きな信頼感を覚えました^^

 

未知のウイルスに対して、過度な自信は禁物ですね!

 

 

こちらは女性のお誕生日に贈るブーケです。

IMGP5469-01_copy_4104x2736

 

【お花のすすめ】

ありがとう、おめでとう、元気をだして

そんな気持ちをブーケやフラワーアレンジメントにのせて贈りませんか?

お花たちはあなたの気持ちを伝えるキューピットになってくれるはずです^^